風俗で罪悪感なんて無かった

風俗で罪悪感なんて無かった

投稿日:2015年7月12日 カテゴリ:誰にも教えたくない風俗体験談

言葉遣いが丁寧なところが印象的だった。まるでホテルでお仕事をしてるような感じで、こっちが畏まってしまうぐらい丁寧だった。初対面だったので「よろしく」と言うと、倍以上の丁寧さで「こちらこそ、宜しくお願いします」と言われた。年齢が30代中盤ともあって、挨拶しただけなのにそこには色気があった。この前同じ30代中盤の風俗嬢と出会ったが、同じ世代とは思えなかった。そんな彼女にお願いしたオプションは首輪プレイ。彼女に首輪をつけてペットプレイ。「苦しくないですか?」と尋ねると、「だいじょうぶです」とにっこり微笑む。もう首輪を外して普通にプレイをすれば良かった。でも、なんかゾクゾクしたものを感じたので続行。フェ○をしてもらい、もっと強くなどの注文を強めに言ってみたりした。最初は罪悪感があったが、後半になると快楽の方が上回っていた。そのまま彼女の口の中で大量発射。苦しそうに咳き込むところがエロかったがちゃんと謝った。「いえ、大丈夫です。ゴッホゴホ」という姿を見たらまた風俗で首輪プレイをしようと思った。風俗、最高です。